麻倉憂が一本道のモデルコレクションに登場!

麻倉憂ちゃんの無修正が登場して、賑いをみせているカリビアンコムですが、なんと一本道からも麻倉憂ちゃんの無修正動画が登場したので、紹介しようと思います。

動画タイトルは一本道のシリーズ動画「モデルコレクション」
まさに、麻倉憂ちゃんが出演するにふさわしいシリーズですね。

動画の内容は、麻倉憂ちゃんのカラダをじっくり観察するような内容となっているようです。

麻倉憂

動画を再生させると自己紹介からスタート。
ソファーに座っているだけでも十分可愛いですね。ショートヘアで顔が小さいです。

インタビューの後はBGMがあるイメージ映像シーン。インタビューと同じ格好ですが、笑顔全開で可愛いポーズをとっていて、いい感じでした。

その後は、洋服を脱いでいくシーンとなります。
水色のブラとパンツが可愛いですね。薄い色が好きと言っていますが、本当に似合っていました。
パンツを履いていても、おまんこの所はちょっと縦スジになっちゃいっているのがエッチ。パンツを履いた状態のお尻も映されていて、恥ずかしそうでした。

麻倉憂のおっぱい

この動画はカリビアンコムの動画よりも、麻倉憂ちゃんのカラダをじっくり見ることができる内容となっていて、ブラジャーをとるとおっぱいを映されて、パンツを脱ぐとおまんこをじっくり撮られています。立った時の状態とM字開脚になった時の状態と、両方のおまんこを見ることができました!

全裸でM字開脚になると、おまんこがバッチリ丸見え!
更に男優さんの指で
ガッポリ左右にひらかれていました。

ピンクの綺麗なアソコをじっくりみれました。膣穴や尿道口までモザイクなし無修正!
そして、クリトリスを指でいじったり、指を4本挿入などかなり豪快なプレイ!膣が大きくひらかれていて卑猥な映像です。

クンニされる麻倉憂

中盤はフェラチオシーン。麻倉憂ちゃんのまったりとしたフェラチオが見ものです。
無修正ですから、おちんちんも咥えている所も丸見えです。

途中、男優さんの乳首を指でコリコリしながら手コキやフェラをするシーンもありました。
そのプレイのまま、男優さんが精子をお口の中にピュッピュッと発射している所もしっかりみれますよ。

麻倉憂ちゃん口から手に出すと、糸をひくような精子が生々しい映像。
そんな状態でも可愛いルックスなのが凄いですね。

正常位でセックスをする麻倉憂

次のシーンへのインターバルとして、BGMありの全裸イメージ映像があります。全裸でM字開脚でソファーに座る麻倉憂ちゃんは、おっぱいもおまんこも綺麗です☆

そして、黄色のマイクロビキニに着替えるシーン!水着の面積が小さくて恥ずかしそう。
そんなマイクロビキニ姿で、またもやBGMありのイメージ映像です。本当に彼女の表情からカラダ、お尻などをじっくり見ることができる内容だと思いました。

後半は、そんなマイクロビキニ姿で本番セックス。
キスや乳首舐め、全身を愛撫したあとは、おまんこいじりや、四つん這いで膣ひろげ。そして、お尻の穴観察までされています。うーん、マニアックですね。

ラストの本番セックスはマイクロビキニをめくられて、おまんこにチンポを生挿入し中だしです。
騎乗位や側位など結合部丸見えの迫力のアングルがみものだと思います。
側位で中出しされると、おまんこから大量の精子がドロドロで流れ落ちていました。

本番のあとは、動画が終わるのではなく、プレイの感想シーンも5分あります。カメラ目線でにこやかにしゃべっていた麻倉憂ちゃんでした。

一本道ならではのハイクオリティな美麗映像で、映像がとても綺麗でした。
1秒間に59コマで滑らか映像も実現しています。鮮明な映像で麻倉憂ちゃんのカラダをすべてを無修正でみたいかたにオススメ!

ご紹介した麻倉憂ちゃんの、無料無修正サンプル動画はコチラです。
「モデルコレクション スペシャル 麻倉憂」

一本道「ときめき ~アレって、とびっこ?!~」紹介!

麻倉憂

こちらの麻倉憂ちゃんの無料無修正サンプル動画はコチラ。
ときめき ~アレって、とびっこ?!~ 麻倉憂

麻倉憂画像ギャラリー

画像にはモザイクがありますが、実際の動画はモザイクなしです。
騎乗位セックスをする麻倉憂

一本道の麻倉憂下着姿の麻倉憂マイクロビキニに着替える麻倉憂
ビキニ姿の麻倉憂フェラチオをする麻倉憂精子を中出しされた麻倉憂

動画の仕様

配信サイト名一本道
タイトル「モデルコレクション スペシャル 麻倉憂」
修正具合おまんこ丸見え無修正
時間76分
動画仕様4000kbps 1920×1080 mp4

麻倉憂関連記事

麻倉憂が無修正でAV復活したので視聴しレビュー!
麻倉憂の初中出し動画紹介!
麻倉憂ソープものの裏AVに出演!内容をレビュー!
麻倉憂「CRB48ファン感謝デー2」を視聴しレビュー

コメント

トップへ戻る