カリビアンコムがアニメ配信開始「アキバ系彼女 さーくる1」を視聴してみた

カリビアンコムが2016年10月28日に無修正アニメを公開しました。
まさかの展開でとてもビックリしています。
無修正のカリビアンコムですから、アニメもしっかりモザイク無しの無修正でした。
ちなみに28日は、通常の無修正AVも配信され、それにプラスしてアニメも公開されています。

今回公開されたタイトルは「アキバ系彼女 さーくる1」というもの。
1とあるので、2や3と続編がカリビアンコムで公開されるようですね。
アニメの最後が「to be continued」になっていました。

ということで、どんな内容なのか早速視聴してみました。

アキバ系彼女 さーくる1

まず、アニメの仕様なのですが、640×480の900kbpsです。
解像度が小さいのが残念ですが、その解像度でアニメなら900kbpsで十分な画質だと思いました。拡張子はmp4。

ストーリーの主人公は新堂二貴太(しんどうにきた)という男。
アキバ系の男だけど、周りには隠しているという設定。

2次元が命の新堂二貴太が、下の画像のリアル女性蒼井恋ちゃんに恋してしまう感じでした。

蒼井恋

詳しいストーリーは作品をみてください。

まず、アニメ全編無修正で、おまんこもおちんちんもまる見えです。
声優も普通に良い感じだと思いました。そこまで酷い声優ではないと思いました。
女の子の喘ぎ声も良い感じ。

フェラをする蒼井恋
実際はモザイクはありません。

さすがアニメだけあって
かなり都合の良い展開!
リアルではあり得ない展開で、主人公が3人の女子とエッチしちゃっています。

あまりに都合の良い展開に、主人公である新堂二貴太が「こんな都合にいい展開エロゲーでもありえんぞ!」って
自分でツッコミを入れています!

30分で結構エッチなシーンがありますが、都合いい展開を自分でツッコミ入れながら進行するストーリー展開もそこそこ面白かったです。

秋吉珠恵のおっぱい

上と下の画像は「第2雑学研究部」の秋吉珠恵ちゃん。
主人公が部室の扉を開けただけで、あり得ないことがおきますが、まあエッチなアニメなので、それで良いでしょう。

また、使う言葉が昔流行った古い言葉とかが出てきます。
どうやらひと昔に作成されたアニメのようですね。「わけワカメ」とか今は使いません(笑)

この第2雑学研究部でも、あり得ないレベルで都合の良い展開が楽しめます(笑)

お尻を突き出す秋吉珠恵
実際はモザイクはありません。

また、面白かったのが作中で出てくる
「ティータ」と「パドゥー」という名前。
これって某有名アニメの名前のパロディですよね。
なぜその名前なんだろう!と、ツッコミを入れたくなる笑える展開です。

下の画像の女子は岬連香ちゃん。
声優のトレーニングからエッチなレッスンになります。

岬連香
実際はモザイクはありません。

視聴した感想は、エッチな喘ぎ声は結構しっかりしていると思いました。
また、セリフもこのアニメに関しては棒読みな感じはなく、違和感ありません。
これは声優の力でしょうか?
フェラもおまんこも、アニメといえども一切モザイクはありません。結合部もまる見えです。

最後はしっかりエンディングBGMもあり、クレジットも流れています。

エッチシーンとストーリー以外でのみどころは、主人公の話し言葉がひと昔前の懐かしい単語だったりするところと、自分突っこみ、そして都合良い展開というところでしょうか?
アニメが嫌いな人はダメかもしれませんが、カリビアンコムに入会している人は興味本位で視聴してみても良いでしょう。

ただし、配信日当日の2016年10月28日現在は、スマホ版カリビアンコムでは視聴できません。なぜでしょう?
アニメはパソコン版でしかみれないようです。(パソコン版ならストリーミングとダウンロード両方可能です。)
ちなみにD2Pass新作アダルト見放題プランでは視聴できました。

カリビアンコム公式サイトでレビューしている人がいますが、通常の無修正AVも今まで通りのペースで配信するなら、このようなアニメが間に配信されてもまあ良いのかなと感じました。

ご紹介した無修正アニメの無料サンプル動画はコチラです。
アキバ系彼女 さーくる1

ご紹介した無修正アニメを単品購入できるサイトはコチラ。(無料サンプル動画有り)
アキバ系彼女 さーくる1

動画の仕様

配信サイト名カリビアンコム
タイトルアキバ系彼女 さーくる1
修正具合おまんこ丸見え無修正
時間30分
動画仕様900kbps 640×480 mp4
400kbps 480×360 mp4
300kbps 426×240 mp4
容量227MB

管理人の本日の一言

アニメ配信開始はまさかの展開ですね。
アニメに関してはまだスマホではみれないのが謎。今後できるようになるのでしょうか?

コメント

トップへ戻る