カリビアンコムにクレジットカードを使用せずに入会する方法

カリビアンコムに入会する際、クレジットカードを所持していない場合は、利用する前にコンビニでお金を払って利用するVプリカカードを使う方法があります。
Vプリカは、先払いのクレジットカードのようなものでVISAブランドです。
Vプリカのウェブサイトにいくと、審査無しで無料でアカウントを開設できます。
料金先払いなので審査無しなわけですね。

Vプリカで入会する時の入力方法

Vプリカはクレジットカードと同じように使用できます。
カリビアンコム入会画面のクレジットカードの名前入力のところは、Vプリカ作成時に本登録画面で入力したニックネームを名字と名前で2分割で入力します。
例えば自分で登録したニックネームが「HONYATAROU」なら、名字に「HONYA」、名前に「TAROU」など、適当な場所で2つに分けて入力すれば良いのです。
ですから「HON」「YATAROU」でも大丈夫です。
Vプリカは、本名ではなくニックネームが使えるのが良い点。

カード番号、有効期限やセキュリティ番号は、Vプリカウェブサイトにログインし、Myページに表示されているカード番号、有効期限、セキュリティ番号をカリビアンコムの入会画面に入力することになります。
Vプリカにログインするので、Vプリカのアカウントを作成する必要があります。

年齢制限

Vプリカは18歳以上ではないと購入できません。

Vプリカに登録する時に個人情報を入力することになる

Vプリカでカリビアンコムに入会する時、カリビアンコムの入会画面はニックネームを使うので完全匿名で、郵便番号を入力するだけで入会できます。
ですが、Vプリカのアカウントを開設する際に、Vプリカのページでニックネーム以外に、本名、生年月日、電話番号の登録が必要となります。

VプリカはSMS認証、または電話認証が必須

Vプリカを購入して使えるようにするまでの手順の間に、携帯電話やスマホを使って「SMS認証」または「電話認証」が必須となっています。
「SMS認証」と「電話認証」どちらにするかは利用者がVプリカウェブサイト上で任意で選択できます。
手順はVプリカの購入時に説明があります。

SMS認証

SMS認証は、Vプリカ登録ページに入力した電話番号を使い、その後携帯やスマホに送られてきたメッセージに記載されている認証番号をVプリカのウェブサイトに入力することで、初めて使えるようになります。
Androidではアプリ一覧から「メッセージ」というメニューでメッセージを確認できます。
iPhone、iPadでは「設定」→「メッセージ」をあらかじめ受信できるように設定しておく必要があります。

電話認証

電話認証は表示された番号に自分からかけてガイダンスの指示に従う手法です。(0570の番号で通話料は利用者負担となる。)
あらかじめVプリカに登録していた電話番号と、かける時の電話の番号が一致していることが必要です。

チャージする金額をよく考える

カリビアンコムは30日コースだと$49.50なので、1ドル100円でも4,950円。
1ドル110円なら 110 x 49.50 で、¥5,445となります。
現在の円相場(1ドル何円なのか)が、いくらなのかをしっかり確認しましょう。
Googleで「1ドル」と入れて検索すれば現在の円相場が分かります。
やはり券種は5,000円ではなく、7,000円を買った方がよいでしょう。

また、海外の買い物は手数料がかかります。(その手数料はカード会社がとります。)
カリビアンコムも海外の買い物として扱われます。
海外の買い物で、手数料をカード会社で上乗せされるのは、海外旅行に行って海外の店で普通に買い物しても起こります。
計算方法はカード会社によりますが、例えば現在の円相場が1ドル100円(仲値)なら、102円程度で計算したくらいの金額になると思ってよいでしょう。(あくまで概算であり、正確な計算方法は各カード会社の規約を参照してください。)

ということで、カリビアンコムの30日$49.50に入会する場合であっても、チャージする金額は5,000円だとダメということが分かります。
残高は6,000円くらい、またはそれ以上あった方が安心です。

現在の円相場を調べて、総額を自分で計算しましょう。

Vプリカ購入時にチャージ金額以外に手数料が発生する

チャージ金額以外に、チャージ額によって200円から390円の手数料がかかります。
コンビニで買う場合は、コンビニで買う時にかかります。
例えば3,000円の券種を購入する場合、総支払額は3,200円になる等です。

Vプリカ使用のデメリット

Vプリカでカリビアンコムに入会すると、契約満了した時にカリビアンコムを継続利用できません。(残高があっても継続課金できない。)
その点は不便です。継続利用するならやはりクレジットカードが必要です。

また、Vプリカで入会しても、カリビアンコムを退会する時は手動で退会処理をしましょう。
Vプリカの残高がないからといって、放置するのはマナー違反です。

退会はVプリカ入会でもきちんとしよう

Vプリカの場合、カリビアンコムに入会したらすぐに手動で退会処理をすると、退会を忘れずに済むでしょう。
「入会して、すぐ退会したら、利用できないのでは?会員になる意味がないのでは?」と思うかたもいると思いますが、カリビアンコムは前もって退会しても、契約満了日までは通常通り会員エリアにログインでき、普通に利用できるシステムとなっています。(←これは裏技とかではなく、カリビアンコム公式サイトの退会のご案内のページに普通に記載されていますし、管理人自身もそのようなシステムであることを実際に入会し、退会してみて確認しています。)

例えばカリビアンコム30日コースの会員になって、入会した日にすぐに退会処理をしても残り29日は、普通に利用できるのです。
カリビアンコムの退会方法を解説

割引クーポンコード

カリビアンコム180日コースで使える$30割引クーポンコード→ 2JPEHY5D
(15日$15コースに関しては、入会画面にクーポン入力欄自体がありません。)

カリビアンコム

スマホ版カリビアンコムのQRコード。

カリビアンコムQRコード
トップへ戻る